青果物鮮度保持剤「タンカフレッシュ」でおなじみの、株式会社 炭化オンラインストアページです。

野菜の長期保存方法なら|冷蔵庫にタンカフレッシュ|株式会社 炭化オンラインストア

長くおいしく食べる野菜の適した保存方法

野菜を冷蔵庫で保存していても、長く置いていると鮮度が落ちてしまいます。冷蔵庫に野菜を保存する際、ちょっとした工夫をすることで鮮度を保つことができます。適した方法で野菜を保存するなら、当ショップで販売している鮮度保持剤をお役立てください。

鮮度保持剤を使用するメリット

 
鮮度保持剤を使用するメリット

鮮度保持剤を使用するメリットは、手軽に鮮度を長持ちさせることができるという点です。野菜の鮮度を長く保つために新聞紙に包んで保存している方も少なくありません。水分を多く含む野菜も湿気に弱い野菜も新聞紙に包んで冷蔵庫に入れることで、乾燥や湿気を防ぎ鮮度が長持ちします。

しかし、1つ1つの野菜を包むのは手間がかかりますし、冷蔵庫の中でかさばってしまいます。鮮度保持剤なら、冷蔵庫の中に置くだけなので手間はかかりませんし、コンパクトなので無駄なスペースを取りません。

また、冷蔵庫内で保存している野菜は、しばらくすると野菜の鮮度を落とし、ニオイの原因ともなるエチレンやアンモニア・アセトアルデヒドといった物質を発生させます。鮮度保持剤は、これらの物質を吸着する力を持っているのも大きなメリットです。

より野菜の鮮度を長持ちさせるためには?

 
より野菜の鮮度を長持ちさせるためには?

野菜の鮮度をより長持ちさせるためには、野菜の鮮度を見分けることも大切です。鮮度を見分けるポイントは野菜によって異なります。いくつかの野菜をピックアップし、それぞれの鮮度を見分けるポイントをご紹介します。

■ だいこん

全体的にまっすぐ伸びていて、白い根の部分がみずみずしく、葉が緑色のもの

■ 人参

色が全体的に濃く鮮やかで、表面のでこぼこが少ないなめらかなもの

■ キャベツ

芯の切り口が新しく、葉が濃い緑のもの

■ じゃがいも

表面の色が均一で丸みがあり、シワやでこぼこが少ないもの

■ 玉ねぎ

首の部分が細くしまった球形で、硬く重みがあり、皮が乾燥してツヤがでているもの

■ トマト

全体的に均一な赤色で硬く、へたがみずみずしくて青々しいもの

上記以外にも、野菜にはそれぞれ鮮度を見分けるポイントがあります。長い間おいしい状態を維持するためには、鮮度保持剤の使用にくわえ、しっかりと野菜の鮮度を見分けて適した方法で保存をすることが大切です。

当ショップでは、野菜の長期保存をサポートする鮮度保持剤を通販にて取り扱っています。鮮度保持剤は、天然由来成分で作られていますので、安心・安全です。家庭用冷蔵庫はもちろん、一度に多くの素材を仕入れる店舗などの業務用冷蔵庫にもお使いいただけます。野菜の保存にお困りの方は、当ショップの鮮度保持剤を一度お試しください。冷蔵庫に1パック置いておくだけで、野菜の鮮度の違いを実感していただけます。

鮮度保持剤なら【株式会社 炭化オンラインストア】概要

サイト名 株式会社 炭化オンラインストア
所在地 〒840-0501 佐賀県佐賀市富士町古湯2655−3
電話番号 0952-51-8811
E-mail tf-info@tanka-eco.info
URL http://tankafresh.com
説明 野菜や果物などの食材・食品を長期保存するための鮮度保持剤「タンカフレッシュ」を通販でお届けする【株式会社 炭化オンラインストア】です。冷蔵庫の脱臭剤・消臭剤としてもおすすめです。家庭用の冷蔵庫から、飲食店などの業務用の冷蔵庫、輸送時にも役立つ「タンカフレッシュ」を是非ご利用ください。
会社名 株式会社 炭化
日本
都道府県 佐賀県
市区町村 佐賀市富士町